戦国 井伊直虎から直政へ 両国

ども。

両国です。


戦国 井伊直虎から直政へ   を見てきました♪
直虎展両国
船橋在住で良かったと思う瞬間です♪

基本写真撮影ダメなのですが一部OKのトコだけ掲載します。

井伊展なので井伊家中心と思いきや?

今川関係も多いし、徳川家臣団、特に四天王関係も多く、
いい意味で期待を裏切られた感じでした♪

貴重な刀剣 甲冑も多かったので満足♪

自分一番の一押しは徳川四天王 酒井忠次の槍

『瓶通し』

実物を初めて見ました。



 

こちらは写真OK 井伊直盛木造
naotoratennsetumei1nozou.jpg

説明
naotoratennsetumei1.jpg
クリックでアップします


井伊直親木造
naotoratennsetumei2nozou.jpg


説明 クリックでアップします
naotoratennsetumei2.jpg


直親の笛
naotoratennhue.jpg


説明 クリックでアップします
naotoratennhuesetumei.jpg

酒井忠次 甲冑
tadatugukattyuu.jpg
こちらは購入した絵葉書


榊原康政 甲冑
yasumasakattyuu.jpg
絵葉書より


以上 詳しくは江戸東京博物館へ。
(8月4日まで)


読んでいただき有難うございました。




船橋の神社

最近のマイブームはセブンイレブンのジンジャエールアイスです。

ジンジャと来たので今回は神社のお話。
(強引だあ)

ふなっしー神社
ふなっしー神社
最近ふなっしー見てないなあ~。





歴史を調べればオカルトに いきついてしまいます。

夏なので ちょっと怖いお話?


船橋にも怖い場所があるとかで…。

昔 沼だったといういう場所は現在では公園です。

この沼の辺に平将門公の妾が住んでいたと言われる場所があります。

名前は 桔梗の前 

この桔梗の前 将門公を討ち滅ぼした、俵籐太こと藤原秀郷の娘と言われています。

将門公は戦の際、影武者を使っていたそうで、
藤原の秀郷は影武者と将門公を見分けたい!

という事で、間者として将門公に近づいた桔梗の前、

影武者はなんと木の人形。

桔梗の前は この事を藤原秀郷に伝えます。

心身冷える2月に合戦となり、藤原秀郷は
白い息を吐いている人物を将門と決め、矢で将門公を!!

桔梗の前に裏切られたと知った将門公。

『桔梗この地で咲くな!』

と言ったそうです。




桔梗の前は戦後、罪の意識に苛まされ、
船橋の海に身を投げます。

その後 白蛇になって住んでいた沼に帰って来たとか。

 その住んでいたとされる場所は現在 祠です。
船橋怖い場所?
沼があった時は白蛇が祭られていたとか。

その後、沼で溺れる人が多く埋め立てられたそおです。




読んで頂き有難うございました。




失われた名城 古河城跡

ども。

来たい 来たいと思っていた、
茨城県西端は古河城跡に来ました。

最近 関東の戦国史に凝っています。

関東騒乱は応仁の乱よりも前から始まります。

ここ古河城は関東騒乱を語る上で外せないお城。

しかし100名城にも続100名城にも入っていません。

明治期に渡良瀬川の河川工事で
遺功が壊されてしまった残念な城跡です。





という事でちょっとプロローグをば♪

足利尊氏が室町幕府を開くと、関東を治める拠点として
次男基氏を鎌倉公方として鎌倉府を置きました。
(それを補佐するのが関東管領)

しかし代を重ねると将軍と鎌倉公方は仲が悪くなっていきます。

時の将軍 足利義持が、お尻の吹き出物を掻きむしって、バイ菌が入り死去。

跡継ぎがいなかったため、一族の鎌倉府より
将軍が選出されると期待した、時の鎌倉公方 足利持氏。 

しかし次の将軍は なんとクジ引きにより選出されました。

それが6代 クジ引き将軍と呼ばれた 足利義教。

期待を裏切られた鎌倉公方 持氏とクジ引きで選ばれたのに強行派の義教。

確執は避けられなくなります。

そして持氏が永享の乱を起こします。

しかし鎮圧され持氏自害。

長男、次男は結城氏に担がれ、結城の乱が起こります。

結城の乱も鎮圧され長男、次男は義教に命により殺されます。

三男 成氏も殺されそうになりますが、結城の乱 祝賀の席にて
なんと将軍義教が赤松氏によって殺されます。
(赤松氏は将軍の粛清を恐れ、先に将軍を殺害)

運よく助かった成氏は後に鎌倉公方になりますが、
父と兄を失った幕府への恨みは消えません。

そして、鎌倉公方を補佐するはずの関東管領が、
幕府側のため鎌倉府と敵対、成氏は関東管領を殺害します。

1455年 享徳の乱勃発。

成氏は関東管領軍と長きにわたり戦います。

この時、留守にした鎌倉府を今川軍に襲われ、
拠点を古河に移し、古河公方と呼ばれる事になります。

幕府も援軍を送ろうとしますが1467年 応仁の乱勃発。

これにより、またしても運よく助かった成氏、
享徳の乱を30年間戦うのでした。


  




楽しくて予想より長く書いちゃいました。



話をもどし、古河駅からテコテコ歩くと

高札場跡
古河高札跡

説明 クリックでアップになります。
古河高札跡説明


城につながる御成道
古河城御成道

使者取次ぎ場所
古河藩使者取次ぎ場所


さらにテコテコ



おっ♪

成氏公のノボリだ♪
足利成氏旗

現歴史資料館の出城諏訪郭跡
古河城出城跡

水堀跡
古河諏訪郭水堀跡

歴史資料館から阪を下りテコテコ歩きます。
古河城追手門跡

追手門跡
古河城追手門説明
成氏公時代よりずっと後に作られてますがネ。


渡良瀬川堤防つたいに更に歩きます。

見つけました!

本丸跡
古河城本丸跡
今ではただの堤防です。




徳川時代に土井利勝が藩主になると櫓が建てられました。
土井利勝時代の古河城
当時はこんなんだったんですね。


最近のお約束  信長の野望の土井利勝
nobunaganoyabou doitosikatu
家康の子ではないか? との噂も。

戦国時代からの風習で、ヒゲをたくわえていましたが、
家康に似てる! とかでヒゲを剃った土井利勝。

これを機に周囲もヒゲを剃るようになったと言われています。






そして櫓を作るのに余った資材を使って武家屋敷が建てられました。

土井利位時代の 家老 鷹見泉石の武家屋敷
古河藩家老屋敷
立派だあ~。

ドラマ間宮林蔵の撮影で使われたとか。

先日も撮影に使われたとか。


おお~♪   感嘆符しか出てきません。
古河藩家老屋敷2
鷹見泉石って大塩平八郎を捕縛した時の監督してたんだとか。
          (1837年のお話)

大塩平八郎の乱の時、大阪城代をしてたのが土井利位(としつら)

この御殿様 顕微鏡で雪の結晶を研究してたんだとか。
雪の殿様
なので古河のあちこちには
雪の結晶のデザインが使われています。

歩道にも
雪の結晶道路


サッカーチームにも
古河FCも雪の結晶



古河城跡 満足です♪


読んでいただき有難うございました。




小山評定跡

連休の日曜日♪

歴史の史跡めぐり♪

東京駅で駅弁買って♪

宇都宮線に乗ります♪

今回は北海道の駅弁♪
kitanokaisennbenntouekibenn.jpg
東京駅なら全国の駅弁が買えます。

フタをパカリンコ♪
kitanokaisennbenntouekibennnakami.jpg




やってきたのは小山。
小山駅
東京から快速で1時間ちょっと。


もうすぐ 司馬遼太郎原作の映画

『関が原』

 が上映されるので史跡めぐりです。


小山駅西口を背にして10分くらい歩いたかな??


その名も小山評定通り!!
お山評定通り

市役所敷地内にありました!!

小山評定跡!!
oyamahyoujyouato.jpg

天下分け目の関ヶ原合

歴史の教科書にも載ってるくらい
ベタなお話なのですが一応簡単に説明♪


慶長5年 1600年7月

上杉景勝を討伐すべく、家康が豊臣家の各大名を連れ
北進中、石田光成挙兵の知らせが入った。

ここで仮御殿を築き軍議をひらいた場所です。

豊臣家恩顧の福島正則が、徳川方に味方する旨を告げたのを皮切りに、
各、豊臣恩顧の大名たちは徳川方に味方。

家康の思惑通りになるのでした。


そして

山内一豊は居城 掛川城を家康に差出す旨を伝え、
各大名もこれに続くのでした。

関ヶ原後、一豊はこの功績で掛川5万石より土佐へ24万石へ!!

一豊 大出世のきっかけを掴んだ場所でもあります。




以上 呼んで頂き有難うございました。

浜離宮庭園

ども。

芝離宮と浜離宮の区別がよくわかってないガチザムライです。

芝離宮からテコテコと、今度は浜離宮庭園。
(築地市場から約500M弱)

今回は大名庭園ではなく将軍庭園です。


6代将軍 家宣時代の庭園。

名君と言われた? 家宣公。

最大の善政は先代 家綱の

『生類哀れみの令』

の廃止です。




とにかく凄い!!
今度は浜離宮
あいかわらずボキャ貧でスミマセン。


わあ~!!
浜離宮池
言葉が出てこない。


家宣公時代からの松
浜離宮松

なぜかココに食いつく母。
浜離宮松と母
全体像をとらえるというよりピンポイント
に食いつくというのは、自分とおんなじです。
(DNAの影響でしょうか?)

この松をマジマジ見た母は一言


「お腹空いた…。」

自分
「はいはい、良いものたべさせますよ!」


読んで頂き有難うございました。

プロフィール

サムライダー

Author:サムライダー
性別 :男子   (雑食系)
身長 :165cm(調子の良い時)
体重 :62キロ (飲んでない時)
血液型:+O   (Aに憧れる)
目標 :優勝  (棚ボタでも)
好きなもの:歴史・自転車・
      トレーニング・ミリタリー関連

元自衛官
元実業団野球トレーナー
元整形勤務

実力以上にウンチク話し、
マニアックで自虐ネタ
も多いですが暖かく
見守って下さい。



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR