レース中の思考

こんにちは。

コアラのマーチに眉毛付きを発見したり
(眉毛付きは縁起物と言われてます。)
シラスの中に小さなタコを見つけると、
幸せな気分になる、幸せの閾値の低い
サムライダーです。

妹からは
「あんたみたいなのを馬鹿って言うんだよ。」
と言われてます。

なのでレース中も観客の多い場所では
がむしゃらになります。
誰もいないとペースダウン。

こんな周りに影響されて良いのか?

早速、調べました。

マラソンランナーを調べたデータでは
好成績群程、常に自身の身体を把握し、
周囲の環境を客観的に捉えているという。
これをアソシエーションランニング。
(協調ランニング)

逆に成績中級以下群では 自身の身体状況から
目を背け、周囲状況に思考がまわるという。
これをディシエーションランニング。
(分離ランニング)

と呼ばれている。

加えて好成績群ではレース中の認知が高く
事細かにレース中の出来事を覚えているという。

逆に中級以下群では、感情や環境に左右されて
部分的にしか覚えていないという。

という事で、正に感情と環境に左右されている
サムライダーでした。(反省)

読んで頂き有り難うございました。
スポンサーサイト
プロフィール

サムライダー

Author:サムライダー
性別 :男子   (雑食系)
身長 :165cm(調子の良い時)
体重 :62キロ (飲んでない時)
血液型:+O   (Aに憧れる)
目標 :優勝  (棚ボタでも)
好きなもの:歴史・自転車・
      トレーニング・ミリタリー関連

元自衛官
元実業団野球トレーナー
元整形勤務

実力以上にウンチク話し、
マニアックで自虐ネタ
も多いですが暖かく
見守って下さい。



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR