東海道 丸子

東海道中膝栗毛なんてお話がありますね。

ご存知、十返舎一九の著書。
(一九は日本で初の印税生活した作家。)

主人公の弥次郎兵衛と喜多八の東海道旅行を滑稽に書いたお話。
膝栗毛とは膝を栗毛の馬に見立たというところからきています。

今回自分は自転車を栗毛の馬に見立たチャリ栗毛書いてみます。

名づけて!東海道中チャリ栗毛!

いきなり中途半端ですが東海道21番目の丸子(鞠子)へ!!

広重
広重が書いた丸子の丁字屋さん。

現在ではこんなです!!

ちょうじや
とろろ汁で有名な丁字屋さん。
関が原の合戦前より創業。
静岡市民だったら皆知ってる有名店のようです。

お話の中では店主が夫婦喧嘩真っ最中で
弥次、喜多は何も食べれませんでした。

そんな弥次、喜多も食べれなかったとろろ汁食べました。

とろろ
1700円。ご飯お変わり自由。
(量多くて完食出来ませんでした。)

その後は日本紅茶発祥地へ!!

丸子は国産紅茶発祥の地、現在でも販売されてます。

お土産に母にあげました。

母、絶賛!!

たしかに、美味しい!!

飲みすぎました。



読んで頂き有難うございました。


ああ、食べてばっかり…。

スポンサーサイト
プロフィール

サムライダー

Author:サムライダー
性別 :男子   (雑食系)
身長 :165cm(調子の良い時)
体重 :62キロ (飲んでない時)
血液型:+O   (Aに憧れる)
目標 :優勝  (棚ボタでも)
好きなもの:歴史・自転車・
      トレーニング・ミリタリー関連

元自衛官
元実業団野球トレーナー
元整形勤務

実力以上にウンチク話し、
マニアックで自虐ネタ
も多いですが暖かく
見守って下さい。



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR