第1回ヒルクライムチャレンジシリーズ2012箱根 TOYO TIRES ターンパイク大会 

久々の自転車ネタです。

自分が参加する今年最後の自転車イベント。
箱根パンフレット
第1回ヒルクライムチャレンジシリーズ2012箱根 TOYO TIRES ターンパイク大会

ヒゲメンオヤジと参加してきました。

ヒゲメン情報だと朝の箱根頂上の気温は氷点下2℃!!

薔薇もバラバラになり、バナナで釘が打てる寒さです。
   (ネタ古くてごめんなさい)



コースは距離13.8キロ 標高981M 平均斜度7.1%の1級山岳

2級山岳 粟ヶ岳(掛川)30分 

3級山岳 日本平(清水)20分

の超鈍足サムライダーが挑戦です。


大会当日、指定された駐車場は会場から10キロも離れています。

ヒゲメンオヤジは生意気にも招待選手らしく、
参加費(6千円)も払ってないのに駐車場も会場の近く!
(ヒゲメンの記事が自転車雑誌に何回も掲載されているため)

ヒゲメン
『大会は僕はゆっくり行きますよ。』

自分
『ぼ、僕もゆっくり行きますよ。』
(本気出してもゆっくり…。)

スタート地点から見た坂
スタート直後の坂

こんな坂を上っていきます。
奥に坂
10キロ近く9%勾配

スタート位置で二人で記念撮影
二台合わせて15万円
二人の自転車合わせて15万円。


みんなこんな感じで自転車置いてます。
自転車整列
自分のロードが一番安いかな~?

スタート前
前
参加者4000人、30代男600人以上

振り返れば
後ろ
ヒゲメン笑顔


11時20分スタート!

1キロいったところでヒゲメンに抜かれる。

2キロいったところでヒゲメン見えなくなる。

5キロ付近、後ろからスタートした速い人たちに抜かれる。

ここで一句

山登り 同じペースは 皆メタボ

              サムライダー心の俳句

6キロ付近、前方で落車、それを緊急回避した人が自分と接触。
      慌ててペダルから靴を外すが左足首内反捻挫(1度)

     その後、倒れたままの最初に落車した人助けて5分弱タイムロス。


再び走り出せば足首痛い……。

右足中心でペダル回せば直ぐに足がつりました…。

ここからが大変だった……。

なんとか走るも、自転車押して歩いている人とペースおんなじ。
       (時速4キロ)

走るのやっとこさで、なんとかゴール。
(2年前の25分遅れ…。)

頂上到着後、雪も降ってきて、先にゴールしたヒゲメンとも合流できず、
ただ、足首、筋肉痛の痛みと寒さに悶えながら丸まっていました…。



ヒゲメンが撮影した頂上からの写真
箱根の頂上
この後、雪が降る。

結局ヒゲメンと合流できずバラバラで帰宅。

雪の中のダウンヒルは寒かった~。

冬でも半袖、トロピカルなサムライダーも
ヒゲメンの忠告聞いといて厚着で助かった~。

14キロ弱下ったあとは駐車場まで再び10キロ漕いでかえりました。

街中走行中の時速は20キロ弱…。
(足首痛くてスピード出せず)


幼稚園児乗せた若いお母さんのママチャリにも抜かれる。
(幼稚園児、自分を抜いた瞬間ガッツポーズ)


普段走れない自動車専用道路を走れるイベントでしたが、
自分がヘタレで過去最悪の結果になってしまいました。

来年リベンジか?


以上、読んで頂き有難うございました。
スポンサーサイト
プロフィール

サムライダー

Author:サムライダー
性別 :男子   (雑食系)
身長 :165cm(調子の良い時)
体重 :62キロ (飲んでない時)
血液型:+O   (Aに憧れる)
目標 :優勝  (棚ボタでも)
好きなもの:歴史・自転車・
      トレーニング・ミリタリー関連

元自衛官
元実業団野球トレーナー
元整形勤務

実力以上にウンチク話し、
マニアックで自虐ネタ
も多いですが暖かく
見守って下さい。



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR