生実城跡

ども。

関東戦国史を調べています。

以前にも書きましたが関東騒乱は応仁の乱前より始まります。

室町足利将軍と分家の足利鎌倉公方の不仲から周囲を巻き込んで乱に勃発。
         (1455年の享徳の乱)

鎌倉公方は本拠を古河に移し古河公方と呼ばれます。

そんな古河公方も代を重ねると親子、兄弟と不仲に…。

古河公方三代の弟の足利義明が木更津は真理谷城主、真理谷恕鑑(まりやつじょかん)
をはじめとした、緒大名に担ぎ出されて小弓公方(おゆみくぼう)と呼ばれる事になります。

今回は関東騒乱に更なる拍車をかけた小弓公方の城跡へ行ってきました。
(永正の乱)

最寄り駅の学園前駅(千葉中央区)
千葉学園前駅


城跡は地図左下 埋蔵文化財調査センター近くとか
生実城地図
駅員さんも城跡わからないくらいマイナーです。

埋蔵文化財調査センター探して あっちへ行ったり こっちへ行ったり…。

今回は特に迷いました…。

城跡を付近の方に聞いてもよくわからない様子。

畑の中を歩き、墓地の中へ入って行き…。


見つけました!!
南生実城跡
南小弓城跡


説明看板
南生実城跡説明
クリックで大きくなります。

この小弓城跡、いろいろと ややこしい…。

小弓OR生実

どちらでもオユミと読みます。

加えて北と南に二つの生実城跡があります。

なんでも南生実は足利義明時代のもので、
第1次国府台合戦で足利義明が討ち死。



3分でわかる第1次国府台合戦動画はこちらクリック
信長の野望第1次国府台合戦動画
信長の野望より







その後に入った千葉氏重臣の原氏が北に新たに生実城を築城したとか。

という事で今度は北生実城跡へ歩いてみました。
     (2キロ弱くらいとか)

大手口跡発見♪
北生実城大手口跡

神社に説明看板が♪
北生実城跡

説明 クリックでアップします。
北生実城跡説明


城跡に出来た神社
生実神社
中にも説明看板がいくつかあります。


原胤栄(はらたねひで)も1590年、
徳川四天王の酒井忠次の息子家次に野田十文字原の合戦で敗れ討ち死。

こちらは酒井家次
さかいいえつぐのぶなが
信長の野望より


原胤栄
haratanehidenobunagyori.jpg
信長の野望より


この地は徳川家の直轄になったとか。

以上 今回は畑やお墓の中を歩き、探しましたよ~。

好きじゃないと出来ませんね。
(高校1年から25年以上、こんな事してます…。)

読んでいただき有難うございました。




スポンサーサイト
プロフィール

サムライダー

Author:サムライダー
性別 :男子   (雑食系)
身長 :165cm(調子の良い時)
体重 :62キロ (飲んでない時)
血液型:+O   (Aに憧れる)
目標 :優勝  (棚ボタでも)
好きなもの:歴史・自転車・
      トレーニング・ミリタリー関連

元自衛官
元実業団野球トレーナー
元整形勤務

実力以上にウンチク話し、
マニアックで自虐ネタ
も多いですが暖かく
見守って下さい。



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR