スコープ(光学機器)って知ってるようで知らないね。

日曜日はいつものごとくJSC練習。

自分、今回記録係にてパソコンで皆さんのタイムを入力。

結果 他の選手と話したり写真も撮れなかったので今回は思ったことをつらつらと。




10Mスピードシューティングは上半期

ハンドガン20人中11位。

ライフル20人中11位。

アンリミテッドも44人中20位。

と結果を見れば凡庸な順位。


先日、参加したスナコン(スナイパーコンテスト)
も13人中8位でした。

他の選手は基本、自分で銃をバラして組み立てて
カスタムパーツも自分で組んだり、パーツがなければ自作しています。

自分はというと…。

基本 人に頼んでます…。

というか銃の構造は無知な自分。

先日もスナイパーコンテストに参加して人から話を聞いて
こんなにスコープって奥が深かったんだ~。

と遅れながら知った自分です。

という事でスコープの事をつらつら書いてみます。

スコープって直ぐに安い物にとびついてしまう自分。

では値段によって何が違うか??

安物は解像度が低く弾痕も確認できなかったり
場合によっては射撃の衝撃でレティクルの調節機構が動いてしまったり…。

酷いとレンズが中でカタカタ動くようになってしまうなんてこともあるんだとか。

なので

『スコープは銃より高いものを買え』

なんて言われるそおです。
(購入後のグレードアップも出来ないし)

あと 知らなかったレティクル調整。

スコープとレティクル調整ネジ
レティクルと調整ねじ
カリカリと調整ネジを合わせてゼロイン決めます。

※ゼロイン レティクル(十字に線)と射軸の交点。

この調整ネジ 何も考えずに右だ上だとか回してましたが
合わせ方があるみたい。

多くのスコープはエレベーションヴィンデージネジをカチっと
一回まわせば25%MOAの移動量。

MOAとはMINUTE OF ANGLEで100ヤードで1インチとなる角度。

メートル換算では約91Mで6ミリの移動量。

例えば30Mで30センチ着弾が左にズレてた場合。

300÷2.1=143

右に143クリックという事になるらしい。

10Mで右に3センチ着弾がズレてた場合。

30÷0.7=43 

43クリック回せば概ね計算上は合います。



サバゲで30Mでゼロインしてた方がアンリミテッド練習に
その銃を持ち込んで数えながら調整ネジをクリックさせて
5Mでゼロインバッチリ。

なんでわかるんだろ??

と不思議に思ったことがありましたが謎が解けました。


加えてフォーカスの重要性。

フォーカスが合ってなければスコープから目の位置
変えただけで標的がズレてしまいます。
(フォーカスパララックス)

銃を同じ位置で固定して銃に触れずにスコープ覗きます。

覗き位置を変えたら照準ずれてるようならフォーカスパララックス
が合ってないらしいです。


うう~ん 知らなければいけない事が沢山ですね。
(もっとも練習が大切ですが)

以上 勝手に書かせて頂きました。
(間違ってたらスミマセン)

読んで頂き有難うございました。
スポンサーサイト
プロフィール

サムライダー

Author:サムライダー
性別 :男子   (雑食系)
身長 :165cm(調子の良い時)
体重 :62キロ (飲んでない時)
血液型:+O   (Aに憧れる)
目標 :優勝  (棚ボタでも)
好きなもの:歴史・自転車・
      トレーニング・ミリタリー関連

元自衛官
元実業団野球トレーナー
元整形勤務

実力以上にウンチク話し、
マニアックで自虐ネタ
も多いですが暖かく
見守って下さい。



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR