AK47 マークスマンライフル仕様

ども。

昔、アダルトビデオ見るための端子だからAV端子と思い込んでたサムライダーです。




本日は久々のサバゲ屋外フィールド♪

ヤネックスさんに行ってきました。
(今週は好天にて人数多く3チーム編成だよ)


そいえば
  『僕をサバゲに連れてって』
              と言ってたTK先生。

電動ハンドガン 略して 電ハン 買いましたが、
先日3DSのモンハン買って、電ハンよりモンハンに夢中らしい…。
(興味の移り変わりが自分以上です。) 




川間駅からフィールドまでバスで約8分。

日曜の昼間、路線バスのお客は自分だけ。

おばちゃん運転手さん
『今から戦争?』

この時間に利用する成人男性客はサバゲ目的なのかな?

自分
『あっ はい。』

答えに迷うよね。

おばちゃん運転手さん
『皆殺し頑張ってね♪』

自分
『はっ!?はい。殺しまくってきます。』

もお ヤケです。



フィールド到着♪
ヤネックスさんスタート位置


自分のAK47。自称マークスマンカスタム(スコープのっけただけ)を手に参戦します♪
AKのサイトパララックス
3倍から9倍まで望遠変更できます。

しかしスコープのっけただけでは弾は当たりません。

写真見てわかる様に銃身とスコープには高低差があります。

この高低差をサイトパララックスと言います。
(狙った箇所より弾着は下になってしまう。)

自分が目標とする距離にスコープのレティクルと弾道を合わせます。
※レティクルとは黒い十字線の事。
スコープ調整
ダイヤル回して左右調整するよ。


レティクルと弾道を合わせた距離をゼロインと呼びます。

このAKのゼロインは約40Mです。
(40Mの距離で敵と撃ち合うために。)

このゼロイン調整の時から戦いは始まってるわけです。
(といっても10発セミオートで撃ってマンターゲットへの着弾3発くらい)



てな感じで気分はマークスマンです♪

スナイパーじゃないの?

と思う人もあると思うので簡単に。



マークスマン豆知識♪

マークスマンとは選抜射手、分隊内で射撃に特化した兵の小銃に光学サイトを搭載し、
他の兵より遠距離目標を対象にします。
スナイパー程、遠距離に特化してなく、分隊兵と共に戦い、
近距離戦闘もしたりするポジション。
(自分は射撃に特化してないけどネ)





ゲームスタート!!

スタート前のルール説明
説明サバゲ

左ルートスレスレから単独進軍!



接敵しそうな一歩手前で木の裏に隠れてアンブッシュ!
       (待ち伏せ)

アンブッシュ直後に早速敵発見!

敵は一人!!  バリケードに身を隠しながら接近してきます。

9倍のスコープ越しに覗いてみれば敵の得物はMP5K♪
   (射程の短いサブマシンガンです。)

敵との距離は約40メートルくらいか?

こちらには気付いてないようです♪

自分にとって最高級のシチュエーション♪(*^^*)
(ここで倍率3倍に戻しました。)

バリケードからバリケードに移動する敵を狙います。

自分
 「狙い打つぜ!!」

横移動する敵をフルオート射撃で一連射!

自分
 「!!!外しました…。」(((・・;)

射程スレスレからの横移動する敵への射撃って難しい…。

狙いは正確ですが着弾したときには敵は移動したあとです。


敵も反撃してきます。

連射速度が速い!!

どうやらハイサイクルのようです。

  ※ハイサイクルとは1秒間に25発撃てる電動ガン、
    因みに自分のAKは1秒間15発。

が、しかし敵の弾は届いてない。

ハイサイクルはその射撃サイクルを獲得した犠牲として射程はスタンダードモデルより少し劣ります。

見つかったけど、この距離ならこちらにアドバンテージが。

しかし敵は全く、たじろぐ事なくバリケードからバリケードに移動して距離を詰めてきます。
(普通ならバリケを盾に撃ち合いになるのに…。)

アタッカー!?

自分も移動する敵に射撃を繰り返しますが当たらない…。

そして、バシバシ!!

っとついに自分のバリケードにしていた木に着弾!

慌てて身を木の裏に隠します。

敵の射撃の合間に木から様子を伺えば、
敵は既にバリケードにも身を隠さず、
何の迷いもなく、クルツを構えて真っ直ぐこちらに突っ込んできます!!

※クルツとはMP5Kの事、クルツとはドイツ語で短いって意味

この瞬間、戦慄しました。

慌ててAKを構えますが…。

構えた時には自分の顔面に毎秒25発の敵弾が、
雨アラレに降り注ぎました…。

          ヒットです…。

迷いのない敵の行動に完全に手玉にとられてしまいました…。

こうしてAKの初陣は終えたのでした。



本日の自分です。
本日の自分 
(腕に巻かれたマーカーの色で敵味方を判別。)





本日の戦闘は攻守がハッキリ分かれています。

2チーム合同で攻撃側  1チームは守備側。
(1チーム約30人ちょっとくらい)

フラッグは2つあり、攻め側は15分で2つともゲットしなければいけません。
(守備側は1つでも守れば勝利)

自分達青チームは赤チームと共に攻めます。(総勢60人以上か?)
スタート ムーブムーブ
スタート直後の移動。

今回は多人数で攻めてみます。(15にんくらいで?)

そして接敵! 戦闘開始
そして戦闘開始

15人もいれば自然にリーダーシップを発揮される方はいるもんで、
多人数の1点突破を提案し、その方の号令で一気に攻めあがります。

敵の前衛2,3人へ一気に15人のフルオート射撃の下、突貫です。

敵も浮き足立ち支えられません。

ほとんどの敵は1つ目のフラッグ置いて逃げていきました。

1人残った敵へ味方のほぼ全員からのフルオート射撃。

見てて気の毒なくらいの多人数相手に、四方から撃たれていたのでした。
(誰撃ったかわからないので、これを1キルにしちゃいました。)

同じように、2つ目フラッグも多人数での1点突破で、有効に勝利したのでした。



戦いは数だよ
  BY ドズル中将

白チームには、こんなM2重機関銃で弾幕張る方もいました。
M2と米兵さん
M2 9万円だそうです。




その後、青白2チームで攻めます。

自分は3人の方と迂回して敵の背後をつこうと考えましたが
ここで敵、同人数と戦闘に。

敵はバリケ越しに身を隠し撃ってきます。

こちらもバリケに身を隠しながらの射程スレスレからの射撃戦。

この局地戦は互いに優劣つかずに御味方フラッグゲットで終了。

その後、撃ち合っていたのは敵の背後を
つこうと考えて迂回してきた白チームと判明。
(友軍同士で撃ち合っていたわけです。)

敵味方の判別難しい…。
(友軍は反対側からスタートするシステムだし)

湾岸戦争でも米軍の最強戦車を破壊したのは米軍の戦車だったっけ…。
(IFF敵味方識別装置があっても間違える)






そして今度は守備戦。

フィールドスタッフさん
『逃げちゃ駄目ですよ。』

我が青チーム
逆光攻め


スタートと同時に前後から歓声をあげて2倍の敵兵が攻めてきます。

自分は高台からAKで、とにかくフルオート射撃。

時間かせぐよ!
(600連多弾マガジンの威力をここで発揮!)

射程外からの射撃でしたが固まっていた敵はクモの子を散らすように散開。

散開した敵は、自分の身を隠しているバリケに多方向から撃ってきます。
             (逆効果だった??)

後ろからも撃ってくる!

たまらず高台から撤退!? 違った、転進しフラッグ守備につきます。

どの方向も敵!

正面の敵から身を守ろうと、バリケ裏に隠れれば
それは反対方向から撃たれる状況。

味方も次々に後退してきます。
そして一人一人とダウンしていきます。

いつの間にか同じチームの知らない方と、背中合わせで
互いの正面の敵と戦闘している状態。

こんな絵面、よく映画で見るよな…。

とにかく沢山撃つ事しか出来ません。
(なんと、この戦闘で600連マガジン撃ちつくす。)

まさかの弾切れ…。
(映画なんかで、よくある場面だよね?)

サイドアーム(ハンドガン)は?

!! あっ!まさか、使うと思わずにセーフティーエリアに忘れた!
        (映画ではこんな事はないな…。)

背中を預けていた方に言いました。

自分
『弾ないんですけど…。』

その方はM4のマガジンを渡してくれましたが自分はAKなので使えません。

自分
『使えないんですけど…。』

背中の味方
『弾なくても、金玉あるんだったら、空撃ちでも撃ちまくって!』

座布団1枚!!   って言う余裕なし…。

生まれて初の 空撃ち戦闘する事 約1分。
(前回の戦闘で守備側が逃げ出した気持ちがわかってきました。)

バシ バシ バシ 

体中に無数の敵弾受け、戦死の自分。

その後、背中の人は1人でサイドアームの93Rハンドガンも抜いて
自分の欠けた反対側を牽制して奮戦していました。
(あっ!サイドアーム貸してくれれば良かったのに…。ルール違反か…。)

なんだかんだで御味方防衛成功♪
(生き残ったの数人だけらしい)

気分はブラッグホークダウン!?






その後、数戦終えてパッとせず


最後の戦闘は遭遇戦にて敵をキル。
(自分のスタイル遭遇戦闘のアタッカーなのか?)

森の中の日暮れは早く5時前には見にくくなってきました。

これ以上、暗くなったらナイトビジョン欲しいね。

ちなみに今のナイトビジョンって、こんなに見えるみたい。
おしっこyoru




本日の結果

 キル 3 ?

 デッド 7…。

 フラッグゲット 0

散々だったけど楽しかったよ。

団体戦は個の優位性より
集団を先導出来る優れたリーダー必需?
(仕事と同じかな~?)



今日の感想

遊ぶなら、しっかり見極め敵味方

守るなら、持たなきゃいけないハンドガン

集団戦、剣豪よりも優れた大将


以上 長文 駄文 読んで頂き有難うございました。 
スポンサーサイト
プロフィール

サムライダー

Author:サムライダー
性別 :男子   (雑食系)
身長 :165cm(調子の良い時)
体重 :62キロ (飲んでない時)
血液型:+O   (Aに憧れる)
目標 :優勝  (棚ボタでも)
好きなもの:歴史・自転車・
      トレーニング・ミリタリー関連

元自衛官
元実業団野球トレーナー
元整形勤務

実力以上にウンチク話し、
マニアックで自虐ネタ
も多いですが暖かく
見守って下さい。



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR