豪徳寺 招き猫

徳川家康没後400年。

にわかに家康公ブーム。

徳川家康公が天下とるのに最も貢献した人といえば!

井伊直正





夏休み最終日、そんな井伊家菩提寺に行ってきました。

場所は?

豪徳寺

小田急線沿線の一度行ってみたいと思ってた豪徳寺です。

豪徳寺 本殿
goutokuzi honndenn
豪徳寺の名は二代直孝の法名からとったそうです。

豪徳寺の門だよ。
goutokuzimonn.jpg
この門前は あの有名な出来事があった場所!!

徳川家 天下統一後 ここ世田谷一帯は井伊家の領地でした。

とある日 井伊直孝公 がこの寺の門前を通りかかった時、突然のゲリラ豪雨!

門前で白い猫が手招きしています。

白猫の手招きにつられて門に行ってみれば先程いた場所に落雷!

間一髪で直孝公は助かりました。

これより、この寺は井伊家菩提寺となり白猫は招き猫として祭られる事になりました。
(現在ではヒコニャンにもなってるよ)


招き猫が祭ってある招福殿
syouhukudenn.jpg
お参りすれば商売繁盛間違いなし

で、ここは直孝公墓所
naotakakoubosyo.jpg

二代 直孝公ってどんな人?

寡黙な倹約家で質素な着物に飾らない家に住みスノコの上で寝てたんだって。

質素倹約につとめ、領地の彦根でも皆に質素倹約の御触れをだしました。

しかし、京に近い彦根では 御触れ の効果なし。

そこで直孝公、

『贅沢な着物を着てたら泥を塗るぞ』

という内容に代え、贅沢着物を着ていた家臣や領民の着物に自ら泥を塗りました。

その後、贅沢な着物を着る人はいなくなったんだって。

加えてビックリするくらいな寡黙な人。

必要な事以外喋らないので一言はとても重かったそうです。

他人の相談事も断っていたので、直孝公と話した
大名なんかは他家に自慢したくらいなんだって。





やっぱり井伊家といえばこの方

13代 直弼公 墓所
naosukekoubosyo.jpg
この方は教科書にも載ってる方なので説明いりませんよね。

という事で井伊家菩提寺 豪徳寺でした。

歴史ネタ続くよ。

読んで頂き有難うございました。




スポンサーサイト
プロフィール

サムライダー

Author:サムライダー
性別 :男子   (雑食系)
身長 :165cm(調子の良い時)
体重 :62キロ (飲んでない時)
血液型:+O   (Aに憧れる)
目標 :優勝  (棚ボタでも)
好きなもの:歴史・自転車・
      トレーニング・ミリタリー関連

元自衛官
元実業団野球トレーナー
元整形勤務

実力以上にウンチク話し、
マニアックで自虐ネタ
も多いですが暖かく
見守って下さい。



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR