自転車レース

こんにちは。

修善寺クリテリウム、
シリーズランキング五位のチャリンコサムライダー が語る。
チャリンコレース講座です。
(すっかり勘違いですみません)

今回はプロトン(集団)での位置取り、その2。

コーナリング編をお送りします。



自転車レースになれば集団、つまりプロトンが形成されますね。
コースには当然コーナーがあります。
このコーナーを効率良く抜けるにはプロトンのどの辺りにいれば良いか?

答えから言うと、やや前方イン 側です。

コーナー出前では各選手はブレーキをかけます。
ブレーキングでは前に詰まりやすく後方選手は
前方選手より大きくスピードを落とす事になります。
それに伴う加速は体力を大きく使う事になります。
加えて、このタイミングを見計らいアタックをかける選手もいます。
後方では、この動きに対処出来ません。


イン側の重要性はコーナーでは減速しきれずアウトに膨らむ選手がいます。
もし自分がアウト側だと、これらの選手に押し出される可能性もあります。
さらに落車する選手がいれば、遠心力で更にアウトに膨らみ巻き込まれます。

これ等を踏まえて、やや前方イン側がオススメです。


以上、口先だけ実業団のチャリンコサムライダーがお届け致しました。


デュアスロンです
デュアスロンでのサムライダー
スポンサーサイト
プロフィール

サムライダー

Author:サムライダー
性別 :男子   (雑食系)
身長 :165cm(調子の良い時)
体重 :62キロ (飲んでない時)
血液型:+O   (Aに憧れる)
目標 :優勝  (棚ボタでも)
好きなもの:歴史・自転車・
      トレーニング・ミリタリー関連

元自衛官
元実業団野球トレーナー
元整形勤務

実力以上にウンチク話し、
マニアックで自虐ネタ
も多いですが暖かく
見守って下さい。



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR