日本百名城 現存十二天守 備中松山城

以前、患者さんにこんな事聞かれました。

患者さん
『日本にお城って、いくつあるの?』

自分
『日本城郭検定にも同じ問題がありました。答えは4万です。』

患者さん
『4万!!』

自分
『船橋にも10個近くありますよ。』

患者さん
『船橋には一つもないよ。』

という感じで、興味のない方にとっての城というのは天守閣の事だと思います。




って事で、天守閣が江戸時代から今も残っているのは12箇所、
そのひとつの岡山県の備中松山城に来ました♪


備中松山城、戦国マメ知識

1570年に宇喜多直家と通じた庄高資に松山城を占拠される、
翌元年2月に毛利家と共闘していた三村元親は
穂井田元清とで庄高資を討ち城を奪還。

1574年三村元親は毛利氏から離反し織田信長に寝返った。

翌年にかけて、三村氏と毛利氏の争いが続く(備中兵乱)。
城は毛利方の小早川隆景により落され、元親は自害。
備中兵乱の後、毛利氏の領有。



12月31日昼前。

倉敷から電車に揺られて40分くらいかな?

備中高梁駅(びっちゅうたかはしえき)です。

駅前
山田方谷像
山田方谷像

方谷説明 クリックでアップになります。
方谷説明

徒歩だと40分かかるらしいのでタクシーで。

途中に寄ってもらい武家屋敷へ。
松山城下町武家屋敷

駐車場到着!(ここまで1300円くらい)
日本一高い山城看板

見取り図
松山城見取り図

ここからは歩きです。
松山までの山道


日本百名城70個目!

続日本百名城入れると90近く巡っている自分。

もはや ちょっとやそっとでは感動しません!!

が!! 思わず『おお~っ!』と声を出してしまった高石垣!
真田丸OPの石垣

高石垣!!
松山城おお~石垣
自然の岸壁と人工の石垣との見事なコラボ!

しばらく動けませんでした。



なんと、ココは大河ドラマ真田丸OPに使われたとか。
真田丸OP石垣説明

あっ! 真田丸OPで見た事ある♪
松山城塀


ここも見た事ある♪
松山天守の石垣


そんで天守です。
松山城天守
皆さんが言う城って、ココの事ですよね?

備中松山城は『天空の城』て呼ぶ人もいるそうで。

タイミングがいいと、こんな感じだとか。
天空の城松山城
昨日はこの状態だったそうです。
(画像はタクシー会社さんの名刺より)

まあ、この日は天空の城じゃなかったので、逆に城下町が見えますヨ。
松山城からの眺望

さすが 現存天守の備中松山城でした。

一見の価値あり♪

と、ここで雨降ってきました…。
(この日は東京で初雪、岡山の方が暖かかった。)

まだ行きたい城ありますが、今回の旅行はここまでにしときます。

3日間で58キロ歩いたのでただ今筋肉痛なり…。

新幹線のぞみに乗って帰ります。
   (船橋直帰です。)




岡山の駅弁

桃太郎祭りすし♪
桃太郎寿司弁当
1000円

桃の形した弁当箱が捨てられない…。

自分が駅弁プロデュースするなら、
取っておきたくなる弁当箱は必須だと感じます。




以上、今回の怒涛の城ネタ終わりです。



読んで頂き有難うございました。
スポンサーサイト

日本百名城 備後福山城

ども。

日本百名城69個目に来たのは広島県東の福山城。

新幹線改札出ると甲冑がお出迎え♪
福山駅 甲冑
初代藩主 水野勝成公のものだって。

信長の野望より 水野勝成公
水野勝成公 信長の野望
2代将軍秀忠とは乳兄弟。
一時は徳川家を離れ、虚無僧になって放浪した事も。
井伊直正より4つ年下でしたが手柄を直正と競いました。


駅の北口出るとこの眺め。
福山駅北口から見た
自分の知る限り、駅から最もアクセスの良い城です。
それもそのはず、三ノ丸跡がJR駅。


石碑
福山城石碑
一国一城令発布後の1622年に竣工した城。
大規模な新規築城による近世城郭では最後の例。
形式は輪郭式の平山城だが、2重の堀や瀬戸内海
へ抜ける運河を持つために海城としても知られる。
五重の天守と7基の三重櫓を有していた

見取り図
福山城絵図

伏見櫓
福山城入るよ

筋金門をくぐった鉄砲狭間からの眺め。
駅のホーム見えます。
福山城鉄砲狭間より

再建された湯殿
福山城元国宝?

天守
福山城天主
10万石の城にしては立派過ぎますね。

立派な理由は普請は幕府の援助がありました。
なぜそこまでするのか??

徳川幕府譜代家臣の守る城では最西端。
外様大名に睨みをきかせる必要があったんですね。

天守真下より
福山城天主下から

結局、戦国時代では戦う事がなかった福山城、
幕末、戊辰の役では真っ先に攻められました。




読んで頂き有難うございました。

日本百名城 毛利元就の城 安芸吉田郡山城 

12月30日午後。

広島より在来線に揺られて約40分??
(爆睡のため、あんまし覚えていない。)

日本百名城68個目

毛利元就の居城 郡山城跡です。

吉田口という駅がガイドブックに書いてありましたが
最寄は一つ前の駅だそうです。

吉田口よりタクシーで2千円ちょっと。



郡山ふもと到着 

石碑
こおりやま城
後ろに写ってる家は関係ないよ。

説明看板
こおりやま城説2明看板
クリックでアップになります。

毛利元就公像
こおりやま城の元就像

看板確認して登ります。
こおりやま絵図


こんな感じの山道
こおりやま登ります

途中で元就公長男 隆元公 墓所発見
隆元公墓所

計略 策略 暗殺などにより毛利家を
中国の覇者にまで上げた元就公。

なので周囲からの信用は低かった…。

それを補うように長男の隆元は内向的、温厚、篤実。

内政と毛利家の信用獲得に貢献した方。

隆元公 信長の野望より
takamotokougazounobunaganoyabouyori.png
しかし偉大すぎる父と、有能な弟達と自分を比べてしまい
非常に悩んだそうです。

自己嫌悪の手紙も多く残っているようです。
    (ちょっと気の毒…。)

元春、隆景の弟達は決め事は二人で相談し、
兄との関係は疎遠になっていきました。

そこで父 元就は『三矢の訓』を発令!

兄弟仲良く を唱えたそうです。

そんな隆元は41歳の若さで急死。
    (暗殺説あり)

父 元就は非常に嘆き、暗殺の疑いをかけた人物を殺しました。








話を戻しさらに登ります。
こおりやまさらに登城

御蔵屋敷跡
こおりやま蔵屋敷跡
名前から兵糧や武具があったのでしょうか??

二の丸跡
郡山城本丸跡

本丸跡
こおりやま本丸跡

本丸説明看板
こおりやまこっちが本丸説明
クリックでアップします

ここから下城。



途中で元就公墓所
元就公墓所

言わずと知れた毛利元就公
motonarikounobunaganoyabouyori.jpg
信長の野望より

一豪族から謀略の限りを尽くし中国地方の覇者までなった元就公。

苦労人の元就公はたいへん筆まめでした。

しかし、息子たちに送った手紙の内容は
まわりくどく説教関連多数。

説教魔だったそうです。







この後 市役所より路線バス乗って広島まで帰るのでした。
(1時間半くらいだったかな~?爆睡にて覚えてない…。)


せっかくの広島じゃけんの~♪

広島駅から路面電車乗って~♪

お好み村へ♪
広島新天地

お約束のお好み焼きじゃろ~♪
広島お好み焼き



そして広島のネットカフェで3泊目。
(シャワー込みで2000円)

再びバンダイチャンネルで
『戦闘メカザブングル』
を朝まで観賞♪

この日は21キロ歩いたのでした。




読んで頂き有難うございました。





日本百名城 岩国城と錦帯橋

あけおめです。

ことよろです。

新年の挨拶も程々に。(*^^*)



冬休み中国地方、城巡りネタです♪

12月30日朝。

日本百名城67個目に来たのは山口県の岩国城!!

ガイドブックには岩国駅よりバス。

と書いてありましたが川西駅から1キロちょっとで歩けます♪

名勝 錦帯橋 見えてきました♪ 山上に岩国城♪
DSC_1084 (1)
白蛇でも有名。

岩国城天守って実際の位置より50M前に建てられています。

理由は??

錦帯橋と一緒に写真写るから♪

最初、この話を聞いたとき

  『えぇ~!!』

となりましたが 景観を見て

 『結果オーライ♪』

と感じた単純な自分。

さらに橋に接近
錦帯橋!!
『おお~』  って感じです。

橋から見た岩国城
錦帯橋から見た岩国城

橋を作らせたのは当主 吉川広嘉公
吉川広嘉公像
1673年のお話だそうです。

初代城主は吉川広家公
(歌手の吉川浩司の御先祖)
吉川広家 信長の野望
信長の野望より

って事で ココからちょっと吉川広家公のお話。

毛利家の3本の矢、吉川元春の子の広家、
武勇に優れ、子のなかった秀吉から羨ましがられたりしました。

母は猛将、熊谷信直(源平の合戦で有名な信実の末裔)の娘。

しかし、母は日本史上、記録に残る、おブスちゃん。

猛将熊谷信直を一族にしたい吉川元春公は
歴史上に残る、おブスちゃんを正妻に。
側室は迎えず、おしどり夫婦だったそうです。

そして息子の広家も勇猛にて、元春は熊谷信直、
広家の力を借りて、戦にて無敗だったそうです。





秀吉の天下統一後、広家もかわいい娘を側室(人質)
として秀吉に差し出します。

しかし石田三成より
『女なら誰でもいい という訳ではない!』

と、なんと手つかずで送り返されます。
(この件で三成と広家は不仲になります。)


そんな広家の有名なお話は1600年の関ヶ原の合戦。

毛利輝元は西軍方の総大将として大阪城に着陣。

関ヶ原には穂井田元清の子で輝元の養子になった
毛利秀元を大将に、先陣が広家。

しかし広家は西軍の勝利を危ぶみ、
毛利家の所領安堵を条件に徳川方と内通。

関ヶ原では表向き西軍でホントは東軍。

毛利秀元はそれを知らずに東軍を攻めようとしますが
前に広家がいて攻められず、催促すれば広家は

        『弁当の最中』

と毛利軍を出陣させませんでした。

その時の動画がコレ
2分40秒から広家公登場!の動画





話をもどし、ロープウェイで城に向かいます。

振り返ると岩国城下が見えます。
岩国城ロープウェイ眺望


そしてテクテク天守に向かいます。
岩国城へ

石垣
岩国城石垣


岩国城天守閣
岩国城天主

眺望
岩国城眺望
瀬戸内海も見えます。

そんな岩国城ですが 後に発布された

一国一城令

によってわずか7年で取り壊されたのでした。



読んで頂き有難うございました。









幕末 萩

萩です。

萩と言えば幕末の街。

戦国と幕末がコラボした贅沢な街。

食べ物で言えば、焼肉と寿司が一つのお皿に盛られている状態♪

城下町も有名だし、幕末の志士も説明いらないと
思うので、文章少なめに写真を添付していきます。
(ホントは歴史巡り強行軍にて少しバテぎみ…。)


萩城から東萩駅に向かって歩くと城下町の中を通ります。
hagijyoukamati2.jpg

hagijyoukamati3.jpg


hagijyoykamati1.jpg

田中儀一大将像
tanakagiitizou.jpg

高杉晋作邸
takasugitei.jpg

高杉晋作像
takasugisinnsakuzou.jpg


城下町を抜け、公園内を歩きます。

久坂玄瑞像
kusakagennzuizou.jpg

山縣有朋像
yamagataaritomozou.jpg
るろうに剣心 で出てきたよね♪

公園を抜け図書館を抜けると!

萩明倫館
meirinnkann.jpg

道場の友備館
meirinnkannbudoujyou.jpg


説明 クリックでアップになります。
meirinnkannbudoujyousetumei.jpg

有備館内の大筒
meirinnkannootutu.jpg

坂本竜馬も萩に滞在した時はココで
萩の若い藩士に剣を披露したとか。
meirinnkanndoujyounai.jpg


萩といえば忘れちゃいけない松下村塾。


松下村塾に向かって歩きます♪


途中で入江九一宅 発見♪
iriekuititei.jpg

説明読む方はクリックして下さい。
irieteisetumei.jpg

入江邸はす向かいは、なんと周布邸です。
suhutei.jpg


さらに歩きます。

萩城から20分以上歩いたでしょうか?

やっと松下村塾です。
syoukasonnjyuku.jpg

中です。
syoukasonnjyukunai.jpg


ここから東萩駅まで10分くらいかな?

先日宿泊した山口のネットカフェ 快活クラブさんにもどって泊まるのでした。
(9時間宿泊1800円、シャワー300円でジュース、ソフトクリーム、味噌汁 食べ放題♪
 バンダイチャンネルのダーティーペアを朝まで見ました♪)

ここで初日 終了!

初日の歩数3万歩以上、22キロ歩いたのでした。 


読んで頂き有難うございました。


プロフィール

サムライダー

Author:サムライダー
性別 :男子   (雑食系)
身長 :165cm(調子の良い時)
体重 :62キロ (飲んでない時)
血液型:+O   (Aに憧れる)
目標 :優勝  (棚ボタでも)
好きなもの:歴史・自転車・
      トレーニング・ミリタリー関連

元自衛官
元実業団野球トレーナー
元整形勤務

実力以上にウンチク話し、
マニアックで自虐ネタ
も多いですが暖かく
見守って下さい。



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR